私の2号車・・・2009/01/29 00:50:00

沼尻サハ

 1号車は完成品で済ませてしまいましたが、
当然ガキの小遣いが続くはずもありません。
キットへの挑戦は必然でありました。
ガソの相棒ということもありましたので、
珊瑚の沼尻サハが生涯初めての半田付け工作
となりました。出来栄えはご覧のとおりで
いまさら説明の必要もないでしょう。

木端で直角冶具(全然直角になっていない)をつくり、
フラックスを塗って半田ゴテをあてていると
ジュッと音がして継ぎ目に半田が流れるのを目にして
妙に感動した覚えがあります。
それに一応塗装までこぎつけているんですよね。
殺虫剤をまくような手押しスプレーを使っていました。
塗料はマッハです。TMS誌の教え通り、マッチ棒を浸して
自然に塗料が吸い上がる程度にシンナーで薄めました。
上から白線を塗ってマスキングを外したときに
べろりと腰板の塗膜がはがれて、ゲンナリ。
そのままほったらかしにしていたら、いつのまにか
半田付けしたはずの屋根もはずれていて
ゴム系接着剤を着けた跡がくっきり残っています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
井笠、頸城、沼尻など日本各地の軽便鉄道で使われたドイツの代表的な機関車メーカーは?(カタカナ4文字)

コメント:

トラックバック