ターンテーブル2009/02/18 00:13:01

ターンテーブル

 30年前シリーズ番外編その2です。
ご覧のとおりターンテーブルですが、紛失部品が多々あります。
なにせ、あのプラ成型のピットが行方不明です。
ほかにもこまごましたものがないようです。
まあ、小さな橋にでも利用できるでしょうか・・・。
ちなみに、数年前に珊瑚模型店から再発売され、
そいつはとりあえずゲットしております。
乗工社製とまったく同一かどうかは精査する術を持ちませんが、
大方一緒であろうと思われます。

コメント

_ みのる ― 2009/02/18 01:02:35

こんばんは。
懐かしいぃ(^^;。私も買いました!作り?ました!!
ハンダ付けが上手く出来なくて、接着剤で固定したら、後に駆動部分がバラバラになったり(苦笑)、板厚3mmベニア対応の取り付けボスを、5mm厚ベニアに使う為に切り取ったら、切り過ぎて高さが揃わなくなったり、初心者だったので苦労しましたねぇ(遠い目)。もしかしたら自分の「初ハンダ付け」はターンテーブルの部品だったのかも?(笑)。

_ 庶務係 ― 2009/02/19 03:55:47

みのるさん、ありがとうございます。
いや、本当にドンピシャ同級生ですね。
あのころは今みたいにうまくしてやろうという気はなく、
目の前の工作に没頭していたような気がします。
ま、その分失敗も多いですけど・・・。

_ 杣人 ― 2009/02/19 19:33:42

初めまして、私も初代コッペル以来のナローファンで、30年前シリーズを楽しく拝見しています。
ハンダ付け最初は電線用のペーストでベトベトにしてましたね。何処の模型店だったのかな塩化亜鉛溶液を使うのだと教えてくれたのは、ツカサ模型だったかしら。
ターンテーブル数年前に再生産されてたって本当ですか?欲しかったなー。
これからも楽しみにしてますよ。

_ ヤマ ― 2009/02/19 22:03:30

こんにちは。30年前シリーズ堪能しました。自分はキャラメルモーターの草軽デキがうまく走らずに挫折して、しばらくナローから手を引いていました。キドマイティになってから再入門した次第です。
私も再生産ターンテーブル購入しましたが、構造が同じかどうかわかりません。開けてみてないし…すいません。 m( _ _ )m

_ 庶務係 ― 2009/02/20 01:54:27

>杣人さん
 はじめまして。コメントありがとうございます。
30年シリーズ、お読みいただいているとのことですが、
もうネタが本編一つ、番外編一つとなりました。
きょうはもう遅いのでアップしませんが、
最後までお付き合いいただけると幸いです。
ターンテーブルですが、とりあえず珊瑚模型店に
問い合わせなさってはいかがですか。

>ヤマさん
 いつもすいません。こんど本宅に戻ったときに、
珊瑚の製品を改めることにします。記憶では、
プラ成型のピットは乗工社と同じ灰色だったです。

_ 庶務係 ― 2009/02/21 23:34:48

>杣人さん
 ここを見てくださるといいのですが、
珊瑚から再発売されたターンテーブル、神戸のRGろっこうにありました。
本日、この目で見ましたので間違いないです。
ほかの人がここを先に見てしまうと、無意味ですが・・。
私もここで買ったのですが、余分な在庫を持つ店ですので、
一人ぐらい先を越されても大丈夫かもしれません。
もちろん通販もできます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
井笠、頸城、沼尻など日本各地の軽便鉄道で使われたドイツの代表的な機関車メーカーは?(カタカナ4文字)

コメント:

トラックバック