C型コッペル2009/02/21 00:49:37

C型コッペル

 30年前シリーズの最後はC型コッペルです。
あの時代にナローファンで乗工社製品に出会っているからには、
自分の腕も顧みずコッペルに挑戦したくなるのはお約束でしょう。
やはり乗工社最初の製品、B型コッペルが欲しかったのですが、
マッハ模型にも、ツバメ屋にもありませんでした。
通販でも品切れだったかどうかまで記憶はありませんが、
仕方ないのでツバメ屋にあったC型にしました。
結果はご覧のとおり、無謀な挑戦と終わりました。

組み立て説明書が行方不明なので部品がそろっているかどうかも
わからないですが、ざっと見た感じでは大きな欠品はないようです。
これも「レストアしたいから譲渡を」との希望があったのですが、
やはり手放すのは忍びがたく、お断りしてしまいました。
写真には写っていませんが、車輪もちゃんと残っています。
スポークがないプレーンの車輪でロッド連動です。
B型には後に改良製品として、ギア連動で車輪も抜けてはいない
ですがスポークをかたどったものが出ていますが、
C型にもあったのでしょうか?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
井笠、頸城、沼尻など日本各地の軽便鉄道で使われたドイツの代表的な機関車メーカーは?(カタカナ4文字)

コメント:

トラックバック