新天地2009/04/03 18:39:19

転車台

 春になりまして、またまた引っ越しました。
今度はJR山陰線沿線の小都市です。
近隣には「鉄」的には興味を引かれるものも多そうです。
というわけで、実物写真も時折紹介していきたいと思います。
写真の転車台ですが、俯瞰するのにいい場所がなく、
わかりにくい写真になってしまいました。

給水タンク2009/04/05 00:07:08

給水タンク

 同じ駅にコンクリート製の大きな給水タンクも残っています。

出石鉄道の遺構2009/04/06 00:00:00

出石鉄道遺構

 出かけたついでに寄り道をしました。
1929年に山陰線江原駅から但馬の小京都・出石までを結んで
開業した軌間1067mmの軽便鉄道です。
営業休止は1944年ですが、遺構がけっこう残っているようです。
写真は出石川にかかる鳥居橋付近左岸の小さな水路を渡る
橋台です。ちょっと前までは向かい合わせで残っていたようですが、
2004年の台風被害に伴う堤防改修で片方は消滅しました。
まだまだ遺構はあるようなので、休みの日にでも巡ってみます。

機関庫2009/04/09 18:19:15

レンガ造り機関庫

 またまた出かけたついでに撮影してきました。
レンガ造りの機関庫です。明治45年築だそうです。
こんな地方にもしゃれた建物があったんですね。
入り口や窓の石造りのアーチが美しいです。
スレート?の屋根、ふさがれた煙出しが惜しいですね。

給水タンクその22009/04/12 15:13:21

給水塔

 機関庫と同じ駅にある給水タンクです。
「JR」の文字が書かれているのが見えるホーム側からではなく、
駅裏に回って撮りました。
一見、コンクリート製のように見えますが、ネット検索すると、
地元の近代遺産を紹介するサイトで、レンガ製であることがわかる
内部の写真が紹介されていました。

 転勤して2週間近くになり、だんだんこちらの生活にも慣れ、
ペースがつかめてきました。
前の勤務地よりは模型をいじれそうな感じです。
あせらず進めたいと思います。