流山サドルタンク(PEMP)その82012/10/30 12:49:41

クロスヘッドピンのカシメ側と、第1動輪のクランクピンの頭の干渉は解決しました。
クロスヘッドピンのカシメ側をさらにたたいて、頭を平らにしました。
きつくなりすぎて動きが渋くならないように慎重に少しずつたたいていきました。
これで前後とも軽やかに回るようになりました。後はブラシ圧の調整です。

流山サドルタンク

慣らし運転は主台枠を裏返してやっています。
本来の上下の向きだと、アイドラーと第2動輪の
ギアのかみ合わせが浅すぎて空転することがあります。

コメント

_ ヤマ ― 2012/10/30 18:56:39

自力解決できてよかったです。
主台枠の軸箱受け部分を少し削ったような記憶があります。自分が作ったのはかなり前になるので、忘れていることが多く、適切なアドバイスができなくて申し訳ない。

_ 庶務係 ― 2012/10/30 21:32:13

ヤマさん、ありがとうございます。
気にかけていただけるだけでうれしいです。
私も少し軸箱受け部分を削っています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
井笠、頸城、沼尻など日本各地の軽便鉄道で使われたドイツの代表的な機関車メーカーは?(カタカナ4文字)

コメント:

トラックバック