乗工社・岩手軽便BLW(その3)2014/01/12 00:04:21

ボイラー周りです。
ボイラー、ドーム類、煙突は真鍮棒の挽き物。
煙室の外側は丸めたエッチング板、ライトと煙室扉はロスト。
思いっきり間違ってます。ドームはねじ止めだけでよかったです。
組み説をよく見てなく、ねじ頭が上下の組み付けの際に干渉
すると勘違いし、ねじは位置決め用だと思いこんでドームを
ボイラーに半田付けしてしまいました。

岩手軽便ボールドウィン

もうちょっときれいに半田が流れないものかと、写真を撮った後、
ガスコンロであぶったら、煙室扉とライトがとれてしまいました。
やり直しは明日に回します。

コメント

_ みのる ― 2014/01/12 00:59:42

こんばんは。
進んでいますね~♪

自分もむかし組みましたけど、煙室扉は最後に接着剤で止めてしまいました(苦笑)。
ネジ止めドームは水洗いして放り出しておいたら、鉄ネジが錆びて酷い目に遭いましたので、ハンダ付けして正解かもしれません。(^^;←放置するのが悪い

_ 庶務係 ― 2014/01/12 01:12:24

みのるさん、ありがとうございます。
ドームを止めるネジは、私のは真鍮です。
バージョンがちがうんでしょうかね。
それはともかく、半田付けが汚いので、
キサゲをしなくてはいけない手間を
増やしたのが我ながらアホやなぁ、と。

_ みのる ― 2014/01/12 11:34:12

>真鍮ネジ
あれっ(^^;。
どうやら自分で勝手に交換して、忘れていただけの話でした・・・反省。失礼を致しました。(汗)

ハンダのはみ出しは仕方が無いですよね。
砂箱付近のハンダは砂撒き元栓を付ける時に、一緒に散らしてしまうのも有りかと思います。がんばってください~

_ 庶務係 ― 2014/01/12 17:51:25

みのるさん、どうもです。
そうですよね、細かい部品をつけるときに
ごまかしてみます、はい。

_ ヤマ ― 2014/01/13 00:59:53

ハイピッチですすんでますねぇ。
急がなくてもいいですけど、調子がいいときに一気に作ってしまうのも方法ですね。

_ 庶務係 ― 2014/01/13 18:24:06

ヤマさん、どうもです。
構造が簡単なので、慣れた人が集中して組めば
半日でたらずで上回りは生地完成すると思います。
私は仕事から帰宅後、チビチビやってますので、
こんなぐらいしか進みません。
油断していると、すぐ9月になるので(笑)、
まず一つ早めに完成させたいと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
井笠、頸城、沼尻など日本各地の軽便鉄道で使われたドイツの代表的な機関車メーカーは?(カタカナ4文字)

コメント:

トラックバック