静岡鉄道駿遠線廃線跡をたどる(その5)2016/05/26 09:38:47

五十岡駅の手前の橋です。橋桁はコンクリート製の新しいものですが、レンガ積みの橋台らしき遺構が残っていました。

五十岡駅跡の駅名標。

ここにはコンクリート製のホームが残っています。

反対側から。

路盤の跡がうかがえる遊歩道。

(続く)


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
井笠、頸城、沼尻など日本各地の軽便鉄道で使われたドイツの代表的な機関車メーカーは?(カタカナ4文字)

コメント:

トラックバック