後の祭りのコッペル(真似の真似)2011/10/19 00:55:24

 軽便祭に行ってもいないくせに、いまだ祭囃しが遠くの方で聞こえている気分です。
アララギさん(http://araraxi.exblog.jp/13792871/)と、
みのるさん(http://syomonai.tea-nifty.com/cocolog/2011/10/1-9eb8.html)の
真似っこですが、手持ちの初期Cコッペルの残骸を検分。

 中学2年のころに組み立て始め、下回りをここまで組んで挫折。
30年以上の放置を経て、トリセツを見ながら部品をチェック。
ほとんどの部品はあるのに、ロッドピンかクランクピンか、計3個足りません。

 続いて上回り。こちらは部品はあるようです。半田だらけのキャブ前面を見て、
思い出しました。下回りに挫折して上回りに移行したものの、
キャブ前面にボイラーを半田付けしようとして、うまく行かずご覧の通り。
熱がキャブにも回って、前面が外れてしまい、そこでやる気が・・・。
どうにも根気がない中学生だったようです。


 話題になっていたアイドラーギアの軸受。右の写真でおわかりの通り、
しっかり半田付けしています。でも、あのトリセツで、スペーサーで
と動輪押さえ板とで固定できるなんてわかりません。

 もうひとつ話題のホイールベース。mk2のBコッペルと同じで16mmです。


 さて、レストアしたい気は山々ですが、不足のピン類をどうすれば・・・。

勝手にコッペル前々夜祭2011/09/30 01:22:20

 軽便祭も明後日に迫りましたが、仕事の都合がどうしてもつかず、上京を断念。コッペル大集合やダックス町線、頸城鉄道の講演に、昨年の講演録と、どれも見たり聴いたり手に入りれたりしたいものばかりですが、どうしようもありません。

 ということで、軽便鉄模アンテナさんの雑記帳で乗工社コッペルについてまとめた記事がアップされています。→コッペルに始まりコッペルに終わった乗工社。これに刺激されて、先日あった運転会にも持参した乗工社初期のB型コッペルを再び引っ張り出してきました。アンテナさんによると、乗工社B型コッペルは、初代、Mk2、Mk3と3種あったとのこと。私は初代がプレート車輪のロッド連動、2代目がスポーク型押し車輪にギア伝動の2種しかないと思っていたので、これは意外でした。

下の2台は左がプレート動輪、右がスポーク型押し動輪。上回りに違いはありません。
コッペル


スポーク型押し動輪はこのようにギア連動。ギアには黒色のデルリン?もはさまってます。
コッペル

そして、プレート動輪の方もギア連動です。写真が見にくいですが、こちらのギアはオール真鍮製。主台枠内側のギアフレームのモーター寄りは、わずかに斜めにカットされている。
コッペル

どちらもオークションで手に入れたのですが、プレートの方の出品者によると、購入時期ははっきりしませんが、乗工社で直接買ったとのこと。スポーク型押しの方は例によってトリセツに年代は入っていませんが、「コッペルAキットのしおり」という薄黄色の紙片が同梱されており、そこには1979年とありました。さて、プレート動輪+ロッド連動が初代であることと、スポーク型押し動輪+ギア連動がMk3ということは動かしがたいので、Mk2は、動輪が初代と同じプレートのままギア連動に改善されたとの推測も可能ですが、果たして真相はどうなのでしょうか・・・。

ちなみにAキット(車体の半田付けは完了していてるが、未塗装。塗装と配線、組み付けはユーザーが担う構成)の箱は、普通の箱の倍の大きさでした。
コッペル


乗工社・ナベトロ(その3)2011/08/28 19:18:01

車輪をハンブロールのラストで塗りました。
踏面まで色がついたが、よしとします。

ナベトロ

ダンプの内部も同様にラストで着色。

ナベトロ

実物のダンプカーなどを見ていると、
砂利などを下ろす際にダンプの底と
擦れ合って鉄板の地金が光っている
ように見える。あの感じを出すには
どうすればいいんだろう?

乗工社・ナベトロ(その2)2011/08/24 11:45:42

ナベトロのウェザリングは、まずスミ入れとウォッシングから。
在庫のハンブロールのダークグレーを使用。
3年前に1回使ってからそのままだったので、
揮発していないか心配だったが、大丈夫のよう。
薄め加減を変えながら凹部に流し込んだ。

ナベトロ

約1時間後にシンナーで拭き取った。
翌朝、自然光の明るい場所で見たら
いかにも綿棒で拭き取りました、
という跡が残っているのでもう1回
ウオッシュが必要かも。あるいは
泥とか錆とか別の色でやるかなあ。

ナベトロ

本体に塗った色はタミヤのラッカー系のダークイエローなのだが、
イエローに全然見えない。素材の生地が黒だからかなあ。

乗工社・ナベトロ2011/08/21 19:04:38

 夏休みで家族宅に帰ったとき、少しだけ工作。引っ張り出したのは、乗工社のナベトロの8両入り徳用パック。プラキットなので簡単にできるだろうとタカをくくっていたら、ランナーから切り離してゲートを仕上げるのが思いの外面倒だった。
ナベトロ1

 バラバラの部品をとりあえず組み立てた。
ナベトロ2

 組んだばかりの8両と、以前組んでいた4両も一緒にタミヤのスプレー塗料、ダークイエローで塗装。素組みだと構造的に後から車輪を入れられないので、車輪も一緒の色になってしまう。後で筆塗りでなんとかしよう。
ナベトロ3

 ということで、また有言未完成ということになるかもしれないけれど、この12両をくねくね走らせる小さなパイクを作ってみたいと思案中。