MW・キハ254(その11)2013/09/30 23:19:41

下地塗装のミスはペーパーによる修正でなんとかなりそうかと思って、車体色の1色目吹きつけましたが、やっぱりダメでした。傷は完全には消えていません。

キハ254


ペーパー修正で真鍮地肌が露出したところに適当にプライマーを筆塗りしたのが
よくなかったようです。塗料が盛り上がったようになってしまいました。ペーパーで修正しようとしましたが、やっぱり無理でした。

キハ254

ということで、塗装はやり直します。やったことがないマスキングの練習を兼ねて、2色目も塗ってから、シンナープールに入れようと思います。模型用のシンナーは割高なので、ホームセンターでお徳用を買おうかと思いますが、行く暇があるかな。ラッカー系塗料でも、IPAで剥離できるのでしょうか。臭いを考えると、シンナープールは避けたいのですが…。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
井笠、頸城、沼尻など日本各地の軽便鉄道で使われたドイツの代表的な機関車メーカーは?(カタカナ4文字)

コメント:

トラックバック