遠鉄奥山線の残照52014/11/01 17:03:07

井伊谷川の支流、神宮寺川を最初に渡る鉄橋は、車がぎりぎり1台通れる道路橋として残っています。




橋桁はピカピカに赤く塗られていますが、銘板が残っていて、「東京石川島造船所  製造 大正十二年」と読めます。




川を渡ると、果樹園の中にも橋がかかっていて、レンガ製の橋台、橋脚が残っています。




橋脚のアップ。



橋台のアップ。



こちらの橋桁は銘板を確認できませんでしたが、たぶん、同じ時期の製造ではないでしょうか。


(続く)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
井笠、頸城、沼尻など日本各地の軽便鉄道で使われたドイツの代表的な機関車メーカーは?(カタカナ4文字)

コメント:

トラックバック