流山サドルタンク(PEMP)その12012/10/14 01:07:19

土曜日から岡山の家族宅に帰り、模型部屋をゴソゴソ。
テフやら貨車たちの牽引機として、引っ張り出しました。
上回りはプラなのですぐに大体の形になります。
下回りもダイカストの主台枠にいろんな部品を瞬着で
つけていきます。強度的にちょっと心配ですが。
流山サドルタンク

ロッドを黒染めしたいのですが、液は単身赴任先にあるので、
走行装置はほとんど手が付けられませんでした。
さて、どれくらいで完成に持ち込めるでしょうか。
できるだけ追加工作なしで進められたらと考えているのですが、
集電が厳しいそうなので全軸集電化はしなくちゃならいのかなぁ…。




コメント

_ ヤマ ― 2012/10/14 23:59:00

一気に進んでますね。流山は第1回の競作課題なので、いつでもエントリー可能です。
全軸集電化はやったほうが良いです。ウチのはやってませんが・・・。

_ 庶務係 ― 2012/10/15 00:55:46

ヤマさん、どうもです。
全軸集電とかやり出すと、終わりそうもなくて。
考えどころです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
井笠、頸城、沼尻など日本各地の軽便鉄道で使われたドイツの代表的な機関車メーカーは?(カタカナ4文字)

コメント:

トラックバック