南薩テフ58(FAB)その132012/10/05 01:12:14

 ようやく仕上がりました。ちょっと埃が目立ちますね。ドライアーで吹き飛ばさねば。
白状しますと、2002年に模型を再開してからこの方、10年になりますが、
仕掛かりを山のように築きあげるばかりでした。ようやく、組み立て、塗装まで
たどりついた復活第1号です。大阪の運転会には間に合いませんでしたが、
東京の運転会に行くクラブのお仲間に託す予定です。

南薩テフ

サイドビューも。

南薩テフ

 レタリングはアルモデルですが、少しかすれてしまいました。車番以外の標記は省略。ベンチレーターはエコーのお椀形。ハンドブレキーボックスはモデルワーゲンのワブのパーツを分売してもらいました。ハンドブレーキテコは真鍮帯板などから自作。窓ガラスはエコーの塩ビ板、荷物室の保護棒はフジモデルの16番用の塗装済みパーツ。


私鉄タイプ「ト」(アートプロ)その72012/10/06 12:42:06

無蓋車の仕上げです。塗装の吹きこみ不足があったりして、テフとは同時に仕上げることができませんでした。インレタはアートプロの製品。少しはがれてしまいましたが、ペンキがはげたということにして手抜きしました。半艶のトップコートをかけ、IMONカプラーを装着して組み上がりです。
私鉄タイプ「ト」



カプラーの高さが合わない2012/10/12 19:32:39

 アートプロの有蓋車の方もレタリングを入れ、トップコートをかけました。さて、この有蓋車、ブログを始めてから間もない2005年12月4日に生地完成をアップしているので、7年近くかけてようやう完成に至ったことになります。

ワ

ところが、先に仕上げた無蓋車とわずかにカプラーの高さが合いません。床下の高さが違いますね。無蓋車の方が低いです。カプラーはIMONカプラーです。

カプラー高

そこで無蓋車の方は上方にシャンクしたタイプに取り換えましたが、こんどは無蓋車の方がわずかに高いです。うまくいきませんね。

カプラー高

ちなみにIMONのプラ貨車完成品と有蓋車はピッタシの高さです。

カプラー高

流山サドルタンク(PEMP)その12012/10/14 01:07:19

土曜日から岡山の家族宅に帰り、模型部屋をゴソゴソ。
テフやら貨車たちの牽引機として、引っ張り出しました。
上回りはプラなのですぐに大体の形になります。
下回りもダイカストの主台枠にいろんな部品を瞬着で
つけていきます。強度的にちょっと心配ですが。
流山サドルタンク

ロッドを黒染めしたいのですが、液は単身赴任先にあるので、
走行装置はほとんど手が付けられませんでした。
さて、どれくらいで完成に持ち込めるでしょうか。
できるだけ追加工作なしで進められたらと考えているのですが、
集電が厳しいそうなので全軸集電化はしなくちゃならいのかなぁ…。




流山サドルタンク(PEMP)その22012/10/16 18:20:35

ネット検索でいろいろ見ていると、全軸集電、従輪可動化を
している人が多いので、自分の腕も省みず、手を付けていまいました。
ご存じの方も多いシェフのページの工作を参考にさせていだきます。
まず、テールヘビーの解消でダイカスト製の主台枠と一体の
キャブ床下をキャブ取り付け穴だけ残して糸鋸で切り落とします。
切断前の写真を撮っていないので、切断箇所を赤線で示します。
ミニバイスの前に落ちている長方形の破片二つが切り落とした床板です。
写真に写っているのとは反対側ですが、従輪の軸受けも落としました。

流山サドルタンク

とりあえず、後戻りできない最初の一歩を踏み出しました。
さて、うまくいくのでしょうか。