尾小屋鉄道廃線跡訪問(上)2018/09/05 20:30:50

尾小屋駅構内の跡地。写真の左端中央当たりにホームと駅舎があったらしい。奥に機関庫?が2棟が残っているけれど、当時のものなのかな。

小松方から駅構内跡を望む。

機関庫。中には例のDC122が眠っているのか?

機関庫前に残るポイントの残骸。

レール跡もある。

コメント

_ 奥清博 ― 2019/06/19 01:05:02

ご無沙汰しています。尾小屋DC122は屋外に放置状態で赤錆まみれだったものを2014年10那珂川清流鉄道に譲渡されレストアされていますがエア関係の不調で走行できないらしいです。

_ 庶務係 ― 2021/09/30 00:31:21

奥さん、2年以上も放置していて申し訳ありませんでした。
なるほど、DC122は今は那珂川に行ったのですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
井笠、頸城、沼尻など日本各地の軽便鉄道で使われたドイツの代表的な機関車メーカーは?(カタカナ4文字)

コメント:

トラックバック